シラバス参照

開講年度 2020 
科目名 環境経済論 
職名/担当教員 経済学部 教授 泉 留維 
期間/曜日/時限 前期 木曜日 6時限
開講区分/校舎 二部神田/神田 
配 当 二部経済学部234,二部法・二部商学部34 
単 位
コースコード EPE211 



講義内容
<到達目標>
 様々なローカルな環境問題や地球規模の環境問題について、その歴史的変遷を意識しながら、環境ガバナンス論などの枠組みを用いて原因や対策について理解できるようになる。

<卒業認定・学位授与の方針との関連>
「知識・理解」 「思考・判断」

<講義概要・方針>
 私たちは、近隣のゴミ問題からオゾン層の破壊に至るまで、意識しようとしまいとありとあらゆる環境問題に常に取り囲まれている。そして、日々の家庭生活、企業活動、国の政策立案、地方自治体の経営などにおいて、それらの問題の解決策、あるいは緩和策が、求められている。
 そうした社会的要請に応えるものとして、経済学のなかに環境経済学という分野が存在している。環境経済学は、環境問題が生じる経済メカニズムを明らかにし、その原因に迫るものであり、そして環境保全を行うための政策手段を示すものである。
 公害問題や廃棄物問題などを足がかりとして、様々な側面から環境問題の実態へと接近していき、今までの企業中心の市場経済の問題点を見直し、持続可能な社会のための具体的な方策を考えていきたい。

<講義計画>
1.エコロジーと経済社会
予習:参考書や講義ノートをよく読んで、エコシステムや外部不経済などの概念を理解してください。
復習:講義ノートを読み直し、リアクションペーパーを提出してください。

2.環境問題の原点としての公害(1)足尾銅山煙害・鉱毒事件
予習:参考書や講義ノートをよく読んで、PPPなどの概念を理解してください。
復習:講義ノートを読み直し、リアクションペーパーを提出してください。

3.環境問題の原点としての公害(2)水俣病と産業型公害
予習:参考書や講義ノートをよく読んで、四大公害や公健法などを理解してください。
復習:講義ノートを読み直し、リアクションペーパーを提出してください。

4.ゴミの経済学(1)一般廃棄物と3R
予習:参考書や講義ノートをよく読んで、廃棄物の分類や3R政策などの概念を理解してください。
復習:講義ノートを読み直し、リアクションペーパーを提出してください。

5.ゴミの経済学(2)産業廃棄物と不法投棄問題
予習:参考書や講義ノートをよく読んで、情報の非対称性や逆選択などの概念を理解してください。
復習:講義ノートを読み直し、リアクションペーパーを提出してください。

6.気候変動問題(1)気候変動の現状
予習:参考書や講義ノートをよく読んで、IPCCの評価報告書の概要を理解してください。
復習:講義ノートを読み直し、リアクションペーパーを提出してください。

7.気候変動問題(2)気候変動問題の本質
予習:参考書や講義ノートをよく読んで、予防原則などの概念を理解してください。
復習:講義ノートを読み直し、リアクションペーパーを提出してください。

8.気候変動問題(3)京都議定書について
予習:参考書や講義ノートをよく読んで、京都議定書の概要を理解してください。
復習:講義ノートを読み直し、リアクションペーパーを提出してください。

9.気候変動問題(4)京都メカニズムとパリ協定について
予習:参考書や講義ノートをよく読んで、京都メカニズムやパリ協定の概要を理解してください。
復習:講義ノートを読み直し、リアクションペーパーを提出してください。

10.ODAと環境破壊
予習:参考書や講義ノートをよく読んで、ODAの概要などを理解してください。
復習:講義ノートを読み直し、リアクションペーパーを提出してください。

11.自然開発と公共事業
予習:参考書や講義ノートをよく読んで、公共事業の定義や日本の現状などを理解してください。
復習:講義ノートを読み直し、リアクションペーパーを提出してください。

12.原子力発電所問題(放射性廃棄物)
予習:参考書や講義ノートをよく読んで、原子力発電所の仕組みや日本の発電状況などを理解してください。
復習:講義ノートを読み直し、リアクションペーパーを提出してください。 

13.原子力発電所問題(事故)
予習:参考書や講義ノートをよく読んで、放射線の生物への影響などを理解してください。
復習:講義ノートを読み直し、リアクションペーパーを提出してください。

14.戦争と環境
予習:参考書や講義ノートをよく読んで、ベトナム戦争や湾岸戦争の概要を理解してください。
復習:講義ノートを読み直し、リアクションペーパーを提出してください。

15.授業内テストおよびその解説

<課題に対するフィードバックの方法>
必要に応じて、リアクションペーパー等に対して個別にコメントを返す。 
教科書・参考書
<教科書>
教科書は使用しない。毎回、講義ノートを配布し、必要に応じてビデオ教材を使用する。

<参考書>
泉・三俣・室田・和田『テキストブック 環境と公害:経済至上主義から命を育む経済へ』 日本評論社(2007年)
植田和弘『環境経済学』 岩波書店 1996年
細田衛士『グッズとバッズの経済学』 東洋経済新報社 1999年
室田武『物質循環のエコロジー』 晃洋書房 2001年 
成績評価方法・基準
【変更前】
(1)成績評価方法
・平常点で評価する。
・毎回の講義でリアクションペーパー(その日の講義内容に関する簡単な質問への回答と感想を記したもの)の提出を求め、学期末テストを実施する。
(2)成績評価基準・評価の配分等
・リアクションペーパーは、到達目標に対応して、毎回の講義内容の理解度を測る問題を出題する。評価に際しては、答案の構成を重視する。
・学期末テストは、到達目標に対応して、講義で取り上げた環境問題に関する知識・理解・思考などを測る問題を出題する。評価に際しては、答案の構成および論理性を重視する。
・リアクションペーパー40%、学期末テスト60%

【変更後】
(1)成績評価方法
・平常点で評価する。
・毎回の講義でリアクションペーパー(その日の講義内容に関する簡単な質問への回答と感想を記したもの)および、学期末にレポートの提出を求める。
(2)成績評価基準・評価の配分等
・リアクションペーパーは、到達目標に対応して、毎回の講義内容の理解度を測る問題を出題する。評価に際しては、答案の構成を重視する。
・学期末のレポートは、到達目標に対応して、講義で取り上げた環境問題に関する文献に当たって考察し、自らの意見を述べるものを課す。
・リアクションペーパー60%、学期末のレポート40% 
履修上の留意点
新聞・雑誌・テレビ等の環境問題についての報道に注目すること。私語厳禁。事前準備として、参考文献リストに従い、関連する回の文献や資料、さらに前回の配付資料について事前に読んでくる。そして、講義後は、リアクションペーパーに、自分の意見や質問などを記述する。 
担当教員へのアクセス
メールアドレス: izumir<at>isc.senshu-u.ac.jp (<at>を@に変換してメールをしてください)
教員HP: http://izumi-seminar.net/ 
その他
更新日付 2020/06/11 11:56


PAGE TOP