シラバス参照

開講年度 2020 
科目名 ゼミナール1 
職名/担当教員 文学部 教授 熊木 洋太 
期間/曜日/時限 通年 木曜日 4時限
開講区分/校舎 一部生田/生田 
配 当 環地学科3 
単 位
コースコード SEM315 



講義内容
<到達目標>
 3年生:地域や環境における課題を見出し,卒業論文のテーマを固めるとともに,必要な研究手法を身につけ,活用できる。
 4年生:卒業論文の研究を自ら行い,卒業論文を完成することができる。

<卒業認定・学位授与の方針との関連>
 「関心・意欲・態度」「技能・表現」「思考・判断」

<講義概要>
 3年生を対象とした「ゼミナール1」と4年生を対象とした「ゼミナール2」を合同して行う。

 テーマ:地図を軸とした実践的応用地理学

 地理学は,個々の具体的地域・地点の環境の質,災害危険性,開発利用可能性などを明らかにすることなどによって,社会への応用に役立ち,行政はもとより企業や個人の活動に対して指針を与えることができる。これには,地形図,空中写真,その他場所を地図上で示すことのできる各種の資料を収集・分析し,また現地調査を行うことによって,個々の地域・地点を評価し,その結果を適切に地図化して示すことが重要である。本ゼミでは,このような能力を身につけることを目的とする。

<講義計画>
 既存事例・文献の紹介,実践した調査作業の報告などの発表と討論を中心とする。具体的には,受講生の自主性を重んじながら,各受講生の発表や報告をもとに,全員で討論を行う。また,随時巡検を行う。
1) 受講ガイダンス
2)~3) 4年生の卒論テーマに関する発表と討論
4)~6) 3年生各自が興味を持つテーマの文献や応用地理学的な主題図の事例の紹介と討論
7) 日帰り巡検
8) 前週の巡検のまとめ
9)~11) 4年生の卒論の研究の中間報告と討論
12)~14) 3年生各自のテーマに沿った地域調査手法の検討
15) 夏休み期間の調査の打ち合わせ
16)~17) 4年生の卒論の研究の中間報告と討論
18)~20) 3年生の地域調査の報告と討論
21) 日帰り巡検
22) 前週の巡検のまとめ
23)~24) 4年生の卒論のまとめ方の検討
25)~27) 3年生の卒論に向けたテーマ選定の検討
28) 研究成果のプレゼンテーション技術の検討
29) 4年生の卒論発表
30) 1年間のゼミ活動の総括

<課題に対するフィードバックの方法>
 発表時に適宜講評を行う。 
教科書・参考書
【参考書】
 中村和郎著『地図からの発想』古今書院
 大矢雅彦ほか著『地形分類図の読み方・作り方』古今書院
 牛山素行著『地域の調べ方講座』古今書院
【関連文献】
 日本地図学会機関誌「地図」の記事や付録の地図 
成績評価方法・基準
 平常点評価 100%
 発表・討論への取り組みなど,平常点により評価する。環境地理の専門家として独立して調査研究ができる能力を身につけたかどうかで評価する。 
履修上の留意点
 幅広く興味を持って積極的に取り組むことが求められる。毎回必ず出席すること。
 準備学習においては,各種資料の収集・分析など,発表・討論の準備を行う。事後学習においては,討論の結果を踏まえて,発表内容をレポートにまとめる。 
担当教員へのアクセス
 研究室受付:4号館5階 F14研究室 
その他
 特になし 
更新日付 2020/02/16 12:47


PAGE TOP