シラバス参照

開講年度 2020 
科目名 行政法基礎Ⅱ 
職名/担当教員 法務研究科 教授 米丸 恒治 
期間/曜日/時限 後期 木曜日 2時限
開講区分/校舎 一部神田/神田 
配 当 法律学科2(法科大学院進学プログラム) 
単 位
コースコード PUL212 



講義内容
<到達目標>
行政法の基礎理論を理解したうえで、行政法上問題となる重要な事例やテーマについて行政法的観点に立って説明できる。

<卒業認定・学位授与の方針との関連>
「知識・理解」「関心・意欲・態度」

<講義概要>
 現代社会において行政・行政法の役割はますます重要で、多様なものとなっている。行政法基礎1・2では、従来の行政法の中で行政法総論に当たる部分を扱う。よく勉強がしにくいといわれる行政法であるが、できるだけ実生活の身の回りの事例とのかかわりを例示しながら、国民の立場に立った行政法のあり方を身につける。行政法基礎2では、行政法の行政過程に沿いながら許認可などの行政処分、行政準則、行政計画といった行政の行為形式や一般的制度の概要を学修する。

<講義計画>
(1) 行政過程の全体像と法関係- 概説
(2) 行政準則
(3) 行政計画
(4) 行政行為の概念と分類
(5) 行政行為の効力――とくに行政行為の公定力
(6) 行政行為の瑕疵―無効と取消
(7) 行政裁量
(8) 義務履行確保・即時強制
(9) 行政調査・中間テスト
(10) 行政指導
(11) 行政手続
(12) 行政契約
(13) 情報公開
(14) 個人情報保護
(15) 授業内テスト及び総括

<課題に対するフィードバックの方法>
 随時の質問、メールによる質疑応答に応じるほか、コースパワーの利用による。 
教科書・参考書
特定の教科書は指定しない。参考書や判例集等は授業初回で紹介する。
講義用の教科書は特に使用せず、講義の要旨(レジュメ)と必要な資料(主に判例)をその都度印刷して配布する。
ただし、受講者は最初の講義で紹介する市販の教科書のうちから一つを選んで、講義レジュメと合わせて予習・復習のために使用することが望ましい。 
成績評価方法・基準
(1)成績評価方法

中間テストと最終講義テストの合計点で評価する。

(2)成績評価基準・評価の配分等

 中間テスト30点、最終講義試験70点の配分とする。 
履修上の留意点
前記の行政法の基礎Ⅰと同じ。 
担当教員へのアクセス
研究室:8号館4階8402
メールアドレス:    アルファベットと記号は半角です。 
その他
更新日付 2020/02/25 16:01


PAGE TOP