シラバス参照

開講年度 2020 
科目名 地球環境問題 
職名/担当教員 経済学部 教授 泉 留維 
期間/曜日/時限 前期 金曜日 2時限
開講区分/校舎 一部生田/生田 
配 当 国経学科34 
単 位
コースコード EPS311 



講義内容
<到達目標>
 様々な地球環境問題について、その歴史的変遷を意識しながら、環境ガバナンス論などの枠組みを用いて原因や対策について理解できるようになる。

<卒業認定・学位授与の方針との関連>
「知識・理解」 「関心・意欲・態度」 「思考・判断」

<講義概要>
 地球環境問題は何も今に始まったことではない。過去のいくつかの文明が,自然資源(特に森林資源)の過剰利用により,その命を閉ざした事実から見てもそれは明らかである。
 また,今日において環境問題は,明らかに一地域や一国内の問題に収まらず,全世界的な問題であり,国際的な貿易が進捗し,経済がグローバル化する中では,二国間や多国間での環境保全に関する取り組みが重要となる。そして,その取り組みには,(1)規制を中心にしたもの,(2)市場メカニズムを利用したものと大きく 2 つに分けることができ,後者に関しては自由貿易体制やODA(政府開発援助)の問題と密接に関係してくる。
 特に本講義では,歴史的な観点と自然科学からの知見をおさえた上で,自らの経済システムを環境親和的に修正していくという視点から諸問題を考察していく。

<講義計画>
1.イントロダクション

2.人口増大と環境問題の歴史(1):イースター島の悲劇と森林破壊
予習:参考書や講義ノートをよく読んで、「宇宙船地球号」などの概念を理解してください。
復習:講義ノートを読み直し、リアクションペーパーを提出してください。

3.人口増大と環境問題の歴史(2):人口圧と環境の劣化
予習:参考書や講義ノートをよく読んで、四大文明の概要を理解してください。
復習:講義ノートを読み直し、リアクションペーパーを提出してください。

4.人口増大と環境問題の歴史(3):開発と環境破壊の歴史
予習:参考書や講義ノートをよく読んで、「成長の限界」や「持続可能な開発」などの概念を理解してください。
復習:講義ノートを読み直し、リアクションペーパーを提出してください。

5.国際的な環境ガバナンスのあり方(1):国際的な環境ガバナンス
予習:参考書や講義ノートをよく読んで、国連の各種機構やグローバル・コモンズの概念などを理解してください。
復習:講義ノートを読み直し、リアクションペーパーを提出してください。

6.国際的な環境ガバナンスのあり方(2):様々な環境条約について
予習:参考書や講義ノートをよく読んで、主な環境条約の概要を理解してください。
復習:講義ノートを読み直し、リアクションペーパーを提出してください。
 
7.気候変動問題(1):気候変動の現状
予習:参考書や講義ノートをよく読んで、IPCCの評価報告書の概要を理解してください。
復習:講義ノートを読み直し、リアクションペーパーを提出してください。

8.気候変動問題(2):気候変動問題の本質
予習:参考書や講義ノートをよく読んで、予防原則などの概念を理解してください。
復習:講義ノートを読み直し、リアクションペーパーを提出してください。

9.気候変動問題(3):京都議定書について
予習:参考書や講義ノートをよく読んで、京都議定書の概要を理解してください。
復習:講義ノートを読み直し、リアクションペーパーを提出してください。

10.気候変動問題(4):京都メカニズムとパリ協定について
予習:参考書や講義ノートをよく読んで、京都メカニズムの概要やパリ協定を理解してください。
復習:講義ノートを読み直し、リアクションペーパーを提出してください。

11.戦争と環境
予習:参考書や講義ノートをよく読んで、ベトナム戦争や湾岸戦争の概要を理解してください。
復習:講義ノートを読み直し、リアクションペーパーを提出してください。
 
12.自由貿易の功罪(1):自由貿易の理論と環境保全との整合性
予習:参考書や講義ノートをよく読んで、比較優位や環境ダンピングなどの概念を理解してください。
復習:講義ノートを読み直し、リアクションペーパーを提出してください。

13.自由貿易の功罪(2):GATT/WTOの位置付けと問題点
予習:参考書や講義ノートをよく読んで、GATTやWTO、フェアトレードの概要を理解してください。
復習:講義ノートを読み直し、リアクションペーパーを提出してください。

14.ODAと環境破壊
予習:参考書や講義ノートをよく読んで、ODAの概要などを理解してください。
復習:講義ノートを読み直し、リアクションペーパーを提出してください。
 
15.私たちの食と環境問題 
予習:参考書や講義ノートをよく読んで、環境の社会的費用の概念などを理解してください。
復習:講義ノートを読み直し、リアクションペーパーを提出してください。


<課題に対するフィードバックの方法>
必要に応じて、リアクションペーパー等に対して個別にコメントを返す。 
教科書・参考書
<教科書>
教科書は使用しない。毎回,講義ノートを配布し,必要に応じてビデオ教材を使用する。

<参考書>
泉留維・室田武・三俣学・和田喜彦『テキストブック 環境と公害:経済至上主義から命を育む経済へ』日本評論社(2007年)
クライブ=ポンティング『緑の世界史』上・下 朝日新聞社(1994年)
松下和夫『環境ガバナンス』(環境学入門第12巻)岩波書店(2002年) 
成績評価方法・基準
【変更前】
(1)成績評価方法
・平常点で評価する。
・毎回の講義でリアクションペーパー(その日の講義内容に関する簡単な質問への回答と感想を記したもの)および、学期末にレポートの提出を求める。
(2)成績評価基準・評価の配分等
・リアクションペーパーは、到達目標に対応して、毎回の講義内容の理解度を測る問題を出題する。評価に際しては、答案の構成を重視する。
・学期末のレポートは、到達目標に対応して、講義で取り上げた環境問題に関する文献に当たって考察し、自らの意見を述べるものを課す。
・リアクションペーパー40%、学期末のレポート60%

【変更後】
(1)成績評価方法
・平常点で評価する。
・毎回の講義でリアクションペーパー(その日の講義内容に関する簡単な質問への回答と感想を記したもの)および、学期末にレポートの提出を求める。
(2)成績評価基準・評価の配分等
・リアクションペーパーは、到達目標に対応して、毎回の講義内容の理解度を測る問題を出題する。評価に際しては、答案の構成を重視する。
・学期末のレポートは、到達目標に対応して、講義で取り上げた環境問題に関する文献に当たって考察し、自らの意見を述べるものを課す。
・リアクションペーパー60%、学期末のレポート40%  
履修上の留意点
 環境経済論1・2(金曜日3時限)と併せて受講することが望ましい。新聞・雑誌・テレビ等の環境問題についての報道に注目すること。授業中の私語は厳禁。
 事前準備として、参考文献リストに従い、関連する回の文献や資料、さらに前回の配付資料について事前に読んでくる。そして、講義後は、リアクションペーパーに、自分の意見や質問などを記述する。 
担当教員へのアクセス
研究室:3号館4階3405(オフィスアワーは月曜昼休み)
メールアドレス: izumir<at>isc.senshu-u.ac.jp (<at>を@に変換してメールをしてください)
教員HP: http://izumi-seminar.net/ 
その他
更新日付 2020/06/11 12:06


PAGE TOP