シラバス参照

開講年度 2020 
科目名 English Language and Cultures a 
職名/担当教員 経済学部 教授 仲川 裕里 
期間/曜日/時限 前期 金曜日 1時限
開講区分/校舎 一部生田/生田 
配 当 生田全学部234 
単 位
コースコード ENG201 
授業形態  



講義内容
この講義要項は、前期科目と後期科目の内容を併せて記載しています。

<到達目標>
(1)英語、英語圏の文化など幅広い内容を教材として、英語運用能力を身につける。
(2)異文化に関心を持ち、国際社会の一員として協調してゆける知識と態度を身につける。

<卒業認定・学位授与の方針との関連>
「知識・理解」「関心・意欲・態度」「技能・表現」

<講義概要>
主に1960~1990年代の洋楽を取り上げ、その歌詞(原詞)を教材にします。洋楽の歌詞には日常会話でよく使われる表現や文法が多く使われていますが、文法については毎回項目をひとつにしぼり、その項目を重点的に学習します。歌詞は記憶に残りやすいので、うまく利用すれば英語学習に役立ちますが、その一方で、歌詞には文法的には正確でない言い回しや省略も多いため、注意が必要です。講義で取り上げる歌の中には訳詞がついているものもたくさんありますが、誤訳もかなり多くあります。一方、よい訳は意訳であることが多いため、訳詞から原詞を理解するのは困難です。この授業では、文法的に正確ではない言い回しや省略されている部分を補いながら原詞を理解していきます。また、文法・表現は練習問題を解くことを通して習得していきます。

<講義計画>
 
前期
(1)ガイダンス

(2)FAR AWAY (Libera)  <前置詞>

(3)CAN'T HELP FALLING IN LOVE (Elvis Presley)  <助動詞>

(4)FIRST OF MAY (The Bee Gees) <時制>

(5)THE END OF THE WORLD (Skeeter Davis) <接続詞>

(6)I NEED TO BE IN LOVE (Carpenters) <形容詞と副詞>

(7)BRIDGE OVER TROUBLED WATER (Simon & Garfunkel) <完了形>

(8)復習(2)~(7)

(9)THE ROSE (Bette Midler) <関係代名詞>

(10)IF WE HOLD ON TOGETHER (Diana Ross) <関係副詞>

(11)TAKE MY BREATH AWAY (Berlin) <否定>

(12)YOU ARE LOVE (Janis Ian) <It の特別用法>

(13)VINCENT (Don McLean) <間接疑問文>

(14)前期のまとめ・期末テスト

(15)期末テスト返却・講評と解説

後期
(1)ガイダンス

(2)WONDERFUL TONIGHT (Eric Clapton) <不定詞 1>

(3)HEAVEN IN YOUR EYES (Loverboy) <不定詞 2>

(4)DESPERADO (The Eagles) <使役>

(5)EARLY MORNING RAIN (Peter, Paul & Mary) <知覚動詞>

(6)LET THE RIVER RUN (Carly Simon) <現在分詞と動名詞>

(7)HARD TO SAY I'M SORRY (Chicago) <受動態>

(8)ORDINARY WORLD (Duran Duran) <不定代名詞 1>

(9)MY LOVE (Paul McCartney & Wings) <不定代名詞 2>

(10)YOUR SONG (Elton John) <仮定法>

(11)PIANO MAN ( Billy Joel) <分詞の用法>

(12)LAST CHRISTMAS (Wham!) <感嘆文>

(13)授業内テストおよび総括


<課題に対するフィードバックの方法>
練習問題については授業内で解答・解説をします。 
教科書・参考書
PDF資料を使用します。 
成績評価方法・基準
(1)成績評価方法
・「平常点」による評価です。最終週に授業内テストを実施します。
・課題および授業への取り組みと授業内テストで評価します。

(2)成績評価基準・評価の配分等
・課題と授業内テストの内容は到達目標(1)と(2)の達成度を測るものにします。
・評価の配分は課題および授業への取り組み50%、授業内テスト50%とします。 
履修上の留意点
(1)基礎的な英語力は既にあることを前提として授業を行ないます。自分に基礎的な英語力があるかどうか不安な場合は必ずガイダンスに出席して、自分に向いているかどうか確認してから履修してください。

(2)原則として欠席が3分の1以上の場合は不可になります。

(3)予習と復習のポイント
予習:次回の授業で取り上げる歌についての基礎知識、歌詞に出てくる表現と文法に関するPDF資料を事前にGoogle Classroomにアップするので、目を通しておく/歌の歌詞を自分で調べ、わからない単語や表現をチェックしておく
復習:予習した時にはわからなかったり、誤って理解していた歌詞ならびに練習問題で間違えたところを確認し、正しく理解する。

授業の前後には平均して2時間程度の予習、復習をすることが求められます。 
担当教員へのアクセス
メール: the0564[at]senshu-u[dot]jp ([at]は「@」に[dot]はピリオドに置き換える) 
その他
更新日付 2020/08/25 16:54


PAGE TOP