シラバス参照

開講年度 2020 
科目名 Intermediate English (RL) 2b 
職名/担当教員 文学部 教授 大久保 譲 
期間/曜日/時限 後期 金曜日 3時限
開講区分/校舎 一部生田/生田 
配 当 国経学科2(7組・High) 
単 位
コースコード ERL201 



講義内容
この講義要項は、前期科目と後期科目の内容を併せて記載しています。

<到達目標>
(1)英語の文法・語彙・音声について、実践的な知識を身につける。
(2)英語を用いて、多様な情報や価値観を正確に読み取り、聴き取ることができる。
(3)異文化に対する理解を深める。

<卒業認定・学位授与の方針との関連>
「知識・理解」「技能・表現」


<講義概要>
教科書を用いながら、英文の速読と丁寧な読解を同時に行い、また、聞き取りの練習を行います。

<講義計画>
前期
(1)Manga in Malaysia
(2)Manga in Malaysia/Hosteling in New Zealand
(3)Hosteling in New Zealand
(4)Sweden
(5)Sweden/Sakhalin
(6)Sakhalin
(7)Units 1-4まとめ
(8)Gardens by the Bay
(9)Gardens by the Bay/Italia
(10)Italia
(11)United States
(12)United States/Brazil
(13)Brazil
(14)Units 5-8 まとめ
(15)前期まとめ


後期
(1)The Sky's the Limit
(2)The Sky's the Limit/India
(3)India
(4)India/The Sound of Music I
(5)The Sound of Music II
(6)The Sound of Music III
(7)Units 9-11 まとめ
(8)Mbare Market
(9)Mbare Market/Making Charms
(10) Making Charms
(11)Latte Dads
(12)Latte Dads/Maastricht
(13)Maastrict
(14)Units 10-15 まとめ
(15)前期まとめ


<課題に対するフィードバックの方法>
口頭またはプリントによって、質問への返答やフィードバックを随時行う 
教科書・参考書
Kuniko Yoshida and Anthony Allan, *World Report* (金星堂) 
成績評価方法・基準
平常点


前期はワークシート70%、期末レポート30% 後期もワークシート70%、期末レポート30% 
履修上の留意点
授業の前後には平均して1時間程度の予習、復習をすることが求められます。 
担当教員へのアクセス
CoursePowerのQ&AやGoogle Classroomの質問箱を使ってください。 
その他
更新日付 2020/08/14 18:53


PAGE TOP