シラバス参照

開講年度 2019 
科目名 ギリシア語文献講読1 
職名/担当教員 文学部 教授 高橋 雅人 
期間/曜日/時限 前期 水曜日 2時限
開講区分/校舎 一部生田/生田 
配 当 文学部2(H25以前文学部234) 
単 位
コースコード GRK215 



講義内容
<到達目標>
学生は古代ギリシア語で書かれたテキストを正確に読解することができる。

<講義概要>
古代ギリシア語で書かれたテキストの講読。主に易しい抜粋をゆっくり読むことから始める。

<講義計画>
 1. イントロダクション
 2. クセノポン『ソクラテスの思い出』1巻より抜粋
 3. クセノポン『ソクラテスの思い出』2巻より抜粋
 4. クセノポン『ソクラテスの思い出』3巻より抜粋
 5. 『新約聖書』の福音書より抜粋
 6. 『新約聖書』の書簡より抜粋
 7. ヘロドトス『歴史』1−4巻より抜粋
 8. ヘロドトス『歴史』5−9巻より抜粋
 9. アリストテレス『ニコマコス倫理学』1−5巻より抜粋
10. アリストテレス『ニコマコス倫理学』6−10巻より抜粋
11. ホメロス『イリアス』1−12歌より抜粋
12. ホメロス『イリアス』13−24歌より抜粋
13. トゥキュディデス『戦史』1−4巻より抜粋
14. トゥキュディデス『戦史』5−8巻より抜粋
15. 前期のまとめ

<課題に対するフィードバックの方法>
 ・和訳の課題を解説する。 
教科書・参考書
テキストはコピーを配付する。
辞書:Liddell, H.G., and Scott, R., Greek -English Lexicon, Oxford
文法書:Smyth, H., Greek Grammar, Harvard University Press 
成績評価方法・基準
平常点で評価する。課題への取り組み方を含む授業への参加態度に50%、課題の訳文の正確さに50%を配分する。 
履修上の留意点
・準備学修においては、各回の授業内容に該当する資料を読み、授業での理解に備える。
・事後学修においては、授業でノートしたことを整理し、理解の深化に努める。
・履修者の興味・関心にしたがって上記計画は変更されることがありうる。 
担当教員へのアクセス
<研究室>10号館6階10630
オフィスアワー、メールアドレスは、初回の授業時に伝える。 
その他
全学公開科目です。 
更新日付 2019/02/16 14:36


PAGE TOP