シラバス参照

開講年度 2019 
科目名 西洋哲学史(近代)1 
職名/担当教員 文学部 教授 船木 亨 
期間/曜日/時限 前期 月曜日 4時限
開講区分/校舎 一部生田/生田 
配 当 文学部123 
単 位
コースコード HOT215 



講義内容
この科目は,哲学科専門科目への導入となる基礎的な科目ですので,なるべく1年次に取るようにしてください。2年次以降に役立ちます。後期の「西洋哲学史(近代)2」はこの科目と一連のものですので,両方取るようにしてください。また、連続して取った方が単位を取りやすくなるように設定されています。

<到達目標>
哲学科の科目では多くの哲学者の名前が出てきます。その人たちの名前を哲学史的に知っておくだけでも哲学の理解が進みますし、その代表的著作、基本的な主題を押さえておくと、哲学のさまざまな立場・考え方が見えてきます。この講義では歴史に沿って、有名な哲学者たちを、テキストをプリントで読みながら紹介していきますので、解説書やネットレベルの伝聞としてではなく、自分の言葉で哲学の基礎知識について、「カントは~」「デカルトは~」などと語ることができるようになります。

<講義概要>
16世紀から19世紀までの西洋哲学の歴史について,各哲学者ごとに哲学的概念の解説を中心に,思想の流れを講義します。特に,個人と社会の関係について論じたマキアヴェリ,ホッブズ,ロック,ルソー,カントなどの,近代市民社会の基本的理念を形成した倫理学の歴史が中心になります。
    
<講義計画>
1.はじめに―――なぜ近代西洋哲学史を勉強した方がいいか
2.ルネサンス
3.芸術から時代へ
4.世界と人間の発見
5.普遍人
6.人文主義と政治哲学
7.人文主義(ユマニスム)
8.ダンテ『帝政論』
9.マキアヴェリ『君主論』
10.近代国家観の成立
11.近代ユートピア思想
12.ホッブズ『リヴァイアサン』
13.自然法思想とロック
14.ルソーとカント
15.ヘーゲル

<課題に対するフィードバックの方法>
返却して質疑応答に応じる。 
教科書・参考書
回を追って順次,哲学者のテキストの一部をプリントして配布する。
[参考文献]ナイジェル・ウォーバートン『入門 哲学の名著』(ナカニシヤ出版) 
成績評価方法・基準
平常点評価 100%。中間と期末に小テストを行い,その合計点数で評価します。テストの点数がすべてです。勉強の仕方は講義中に説明しますが、例年100点近い点数を取る人が2割程度います。 
履修上の留意点
※小テストの問題は講義中に配布するプリントから出ます。テストの形式については,前年度のものを配布して解説します。各プリントは2週にわたって配布しますが、その後は自分で集めてください。
※事務的な連絡は講義で数回にわたって通知します。
※講義時間中に退室するひとは、講義が始まるときにその事情を説明しておいてください。
・準備学習においては、配布されたプリントを読み、授業での理解に備える。
・事後学習においては、授業でノートしたことを整理し、関連文献を読むなどして、理解の深化に努める。 
担当教員へのアクセス
<出校曜時>月5,火3,水4・5 <研究室>9512
https://www.senshu-u.ac.jp/education/faculty/letters/philosophy/teacher/ にメールアドレスがあります。 
その他
全学公開科目です。 
更新日付 2019/01/26 16:32


PAGE TOP