シラバス参照

開講年度 2019 
科目名 ゼミナール 
職名/担当教員 商学部 教授 瀬下 博之 
期間/曜日/時限 通年 水曜日 7時限
開講区分/校舎 二部神田/神田 
配 当 二部商学部34,二部経済・二部法学部34 
単 位
コースコード SEM314 



講義内容
【テーマ】
 経済と金融

【到達目標】
 経済学や金融などの基本的な考え方や分析方法を説明できる。 
 自分自身で関心のあるテーマを定めて、その内容を考察、分析することができる。

【講義概要】
 基本的な考え方や分析方法を、自分の関心のあるテーマを定めて、その内容を考察、分析する中でそれを現実に応用して説明する方法を学ぶ。報告とディスカッションを介しながら、自分の理解を深めて欲しい。研究は個人単位でもグループ単位(3名まで)でもよい。
 
【講義計画】
3年次、4年次
前期
1    オリエンテーション
2    研究テーマの検討(1) 
3    研究テーマの検討(2)
4    研究の報告(1)
5    研究の報告(2)
6    研究の報告(3)
7    上記報告を踏まえた資料、必要事項、分析方法等の検討・学習(1)
8    上記報告を踏まえた資料、必要事項、分析方法等の検討・学習(2)
9    上記報告を踏まえた資料、必要事項、分析方法等の検討・学習(3)
10    研究の報告(4)
11    研究の報告(5)
12    研究の報告(6)
13    上記報告を踏まえた資料、必要事項、分析方法等の検討・学習(4)
14    上記報告を踏まえた資料、必要事項、分析方法等の検討・学習(5)
15    上記報告を踏まえた資料、必要事項、分析方法等の検討・学習(6)


後期
1    オリエンテーション
2    研究テーマの検討(1) 
3    研究テーマの検討(2)
4    研究の報告(1)
5    研究の報告(2)
6    研究の報告(3)
7    上記報告を踏まえた資料、必要事項、分析方法等の検討・学習(1)
8    上記報告を踏まえた資料、必要事項、分析方法等の検討・学習(2)
9    上記報告を踏まえた資料、必要事項、分析方法等の検討・学習(3)
10    研究の報告(4)
11    研究の報告(5)
12    研究の報告(6)
13    上記報告を踏まえた資料、必要事項、分析方法等の検討・学習(4)
14    上記報告を踏まえた資料、必要事項、分析方法等の検討・学習(5)
15    上記報告を踏まえた資料、必要事項、分析方法等の検討・学習(6)

<課題に対するフィードバックの方法>
課題の論点や解答を解説し、興味深い議論や意見について適宜講評する。 
教科書・参考書
<教科書・参考書>
特になし。授業内で指示する。 
成績評価方法・基準
平常点 (報告内容:50 %  質問や討論への参加姿勢・課題提出:50 %)
分かりやすい報告と積極的な討議への参加が求められる。
適切な分析手法を身につけて報告やと討議に活かす。 
履修上の留意点
予習:指定された参考書や資料などはよく読んで参加すること。
復習:指導コメントなどにしたがって学習内容を深める。 
担当教員へのアクセス
●Eメールや講義中に事前に予約
●メールアドレスは講義中に伝える。 
その他
更新日付 2019/02/07 10:58


PAGE TOP