シラバス参照

開講年度 2019 
科目名 ゼミナール 
職名/担当教員 商学部 教授 石川 和男 
期間/曜日/時限 通年 月曜日 6時限
開講区分/校舎 二部神田/神田 
配 当 二部商学部34,二部経済・二部法学部34 
単 位
コースコード SEM314 



講義内容
<到達目標>
・マーケティング分野で使用する用語を明確に覚え、マーケティング思考を身につけられるようにする。
・他人の話にしっかりと耳を傾け、自分自身の意見を端的に伝えられる能力が身につけられるようにする。

<講義概要>
・ゼミナールは「マーケティング・マネジメント」研究をテーマとして進める。
・「マーケティングの父」として知られるP.Kotlerのマーケティングテキストを輪読する。報告者はレジュメを用意し、20分程度で報告をし、自分なりのまとめをする。また報告者以外のゼミ生は、教員が用意した当該章の基本用語についてまとめ、課題を毎回行う。また全員が質疑応答では自ら声を発し、議論に参加する。

<講義計画>
(1)ゼミナールを始めるにあたって
(2)プレゼンテーションの方法A(プレゼンテーション技術)
(3)プレゼンテーションの方法B(プレゼンテーションの準備)
(4)21世紀のマーケティング定義
(5)マーケティング戦略とマーケティング計画の立案
(6)市場、市場需要、マーケティング環境の理解
(7)顧客価値、顧客満足、顧客ロイヤルティの創造A(基礎理論)
(8)顧客価値、顧客満足、顧客ロイヤルティの創造B(応用)
(9)ケーススタディA(顧客価値の創造)
(10)消費者市場の分析
(11)ビジネス市場の分析
(12)市場セグメントとターゲットの明確化
(13)ブランド・エクイティの創出
(14)ケーススタディB(ブランド・マネジメント)
(15)前期のまとめと夏合宿の準備
(16)マーケティング知識の整理
(17)ポジショニングの設定と競争への対応
(18)製品戦略の立案とライフサイクルを通じてのマーケティング
(19)サービスの設計とマネジメント
(20)ケーススタディC(サービス・マネジメント)
(21)価格設定戦略と価格プログラムの策定
(22)バリュー・ネットワークおよびチャネルの設計と管理
(23)小売業、卸売業、ロジスティクスのマネジメント
(24)マーケティング・プレゼンテーションA(準備)
(25)マーケティング・プレゼンテーションB(グループ発表)
(26)統合型マーケティング・コミュニケーションの設計とマネジメント
(27)マス・コミュニケーションのマネジメント
(28)人的コミュニケーションの管理
(29)グローバル経済におけるマーケティングの管理
(30)これまでのまとめ

<課題に対するフィードバックの方法>
次の時間に取り上げ、コメントを加え、フィードバックする。 
教科書・参考書
<教科書>
初回の授業の際にゼミ生で決めたいと思います。
またリテールマネジメント検定のテキストを使用します。 
成績評価方法・基準
(1)試験・テストについて
 実施しない(平常点評価とする)
(2)成績の配分・評価基準等
・講義の貢献(講義内の発言など)80%
・レジュメ・ケーススタディの課題20% 
履修上の留意点
<履修上の注意>
・遅刻・早退厳禁
・携帯電話の使用禁止
・脱帽
その他開講時に指示

商学基礎、マーケティングなどを単位取得していることが望ましいですが、前提とはしません。商学部以外の学生でもマーケティングに興味のある学生は受講してもらいたいと思います。授業を受けるにあたっては、予習として毎回の授業範囲を自分なりに整理しておいてください。また、復習として、毎回のレジュメはきちんと整理をするように心がけてください。 
担当教員へのアクセス
kazz@isc.senshu-u.ac.jp
研究室は生田校舎10号館10624
水曜日は17時以降教員室にいる予定ですので、用事がある学生は教員室受付でその旨を伝えた後、来てください。 
その他
更新日付 2019/02/19 19:12


PAGE TOP