専修大学Web講義要項(シラバス)[学部用]

講義要項詳細

科目名 グラフィックデザイン
職名/担当教員 ネットワーク情報学部 教授 上平 崇仁
曜日/時限 木曜日 3時限 
期 間 後期
開講区分/校舎 一部生田/生田
科目区分 専門科目
配 当 N234
単 位 2単位
講義内容 <到達目標>
◎視覚伝達のための原理と、デザインの考え方を理解する。
◎課題制作の中で、アプリケーション(illustrator,Photoshop)を用いた
  DTP(DeskTopPublishing)のスキルを体得する。


<講義概要>
 グラフィックデザインは、元々は印刷メディアを中心としたデザインを指していたが、コンピュータワーク化が進んだ現在では、その領域も多岐にわたるようになっている。
 本講義では、"情報を、いかに目に見えるかたちで伝えるか"に主眼を置き、視覚伝達の機能的な面からアプローチする。言葉よりも強力にメッセージを伝える各種グラフィックスを解説し、情報を記述するための視覚化の原理と、要素の組み立ての方法論を演習形式で学ぶ。実践的な学習であるため、テーマ毎に事例鑑賞、実際の制作、制作後の考察と点検など、一連の過程を何度も反復することで知識の体得に繋げるプロセスが特色である。


<講義計画>
■視覚伝達ツールとしての「インフォグラフィックス入門」
1,グラフィックデザインの世界 
2,コミュニケーションモデルの理解
3,視覚言語
4,ダイアグラム1(グラフ&チャート)
5,ダイアグラム2(地図・相関図)
6,ダイアグラム3(シーケンス)
7,時空間情報の視覚表現
8,インフォグラフィックスまとめと応用

■造形要素を知り、その効果的な組み立てを学ぶ 「イメージコントロール入門」
9,造形要素1:色の作用、配色、イメージ因子
10,造形要素2:形の作用、画面の力学
11,和文・欧文フォント利用の原則
12,タイポグラフィの世界
13,レイアウトの基本

■デザインの社会的応用
14,デザイン思考の展開,ソーシャルデザインの潮流
15,講義のふりかえりとまとめ


<教科書・参考書>
特に指定しない。講義のテーマごとに適宜紹介する。
成績評価方法・基準 平常点(100%)
テーマ毎に提出された課題の完成度および理解度を元に個別に点数化し、その合計点によって評価する。
履修上の留意点 ※この科目が必修(CD/MPプログラム)の学生向け,IxD基礎演習を受講済みであることが望ましい.
 選択必修の学生も履修可である.

※基礎的な内容の講義の方は,別途金曜4限に展開している.

※講義の特性上、課題制作時間(週3〜6時間程度)を確保できる学生のみ履修すること。
担当教員へのアクセス 研究室:5号館3階5G13/メールアドレス:kamihira@isc.senshu-u.ac.jp
その他 特になし
更新日時 2012/03/10 16:00

講義要項トップへ戻る


専修大学教務課・二部事務課・大学院事務課