専修大学Web講義要項(シラバス)[学部用]

講義要項詳細

科目名 法社会学T
職名/担当教員 法学部 教授 飯 考行
曜日/時限 月曜日 3時限 
期 間 前期
開講区分/校舎 一部神田/神田
科目区分 専門科目
配 当 JP34
単 位 2単位
講義内容 <到達目標>
受講生が以下の姿勢と知識を身につけることを目標とする。
1.法を生活の視点からとらえ直す。
2.法を歴史、比較、裁判、規制や立法を含めて総合的にとらえる。
3.法の社会における役割を考える。
4.「日本の特殊性」を問う。

<講義概要>
テーマは法社会学一般で、以下の4つのトピックから構成される。
1.法社会学のアプローチ
2.裁判の利用
3.生活と法
4.立法過程

<講義計画>
(1)イントロダクション
(2)法社会学のアプローチ(1)法規範と社会規範
(3)法社会学のアプローチ(2)法社会学の提唱、日本における受容と展開
(4)裁判の利用(1)隣人訴訟の事例
(5)裁判の利用(2)アメリカの訴訟社会
(6)裁判の利用(3)「日本人の法意識」
(7)裁判の利用(4)日本の民事訴訟率の低さとその理由
(8)生活と法(1)ジェンダーと法
(9)生活と法(2)喫煙と規制
(10)生活と法(3)厳罰化とその背景
(11)生活と法(4)災害と法
(12)生活と法(5)入会(いりあい)慣行とコモンズ
(13)立法過程(1)法律の制定
(14)立法過程(2)アジア法整備支援
(15)まとめと補足

<教科書>
飯考行『市民のための法社会学』(日本評論社、2018年5月刊行予定)

<参考書>
和田仁孝他編『法と社会へのアプローチ』(日本評論社、2004年)
ダニエル・H・フット(溜箭将之訳)『裁判と社会―司法の「常識」再考』(NTT出版、2006年)
塩谷弘康他『共生の法社会学』(法律文化社、2014年)
成績評価方法・基準 (1)試験・テストについて
前期試験を実施する。ただし履修者数によっては15回目の授業時に「定期試験規定準用試験」を実施する場合もある。変更する場合には授業の際にお知らせする。
試験は論述式で、講義内容と関連事項の知識と考察力を問う。
 
(2)試験以外の評価方法
フリップを適宜配布し、講義内容に関する問いの回答を求める。
 
(3)成績の配分・評価基準等
フリップ 30%
前期試験 70%
履修上の留意点 各回の講義テーマに関して、教科書(プリント)、参考書と関連文献を読み、予習・復習に努めること。
日頃から、法と社会に関する報道に気を留めておくこと。基本的にパワーポイントを用いた講義形式で進行するので、必要と思う部分を書き留めること。
担当教員へのアクセス 研究室:神田校舎1号館13階1302/メールアドレス:iit@isc.senshu-u.ac.jp
その他 六法を持参して下さい。やむをやない事情で欠席する場合は、事前に連絡すること。
更新日時 2018/02/19 18:43

講義要項トップへ戻る


専修大学教務課・二部事務課・大学院事務課